×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【指】


日が昇ると共に、真っ白な雪が、その光に照らされた。



この景色は、私の生まれた平安の頃と、何一つ変わるものではない。

辺りを覆う雪の褥も、竹の葉擦れの音も、それを照らし出す、東に昇る太陽も。

全て、何百年と変わらず続いてきた景色だ。

雪原が照り返す朝陽の眩しさに、私は思わず目を閉じる。



変わらないのは、景色だけではない。

こうして佇む私も、遙か千年を越える時を経て、なお変わらない。

本来なら人間は、須臾の間に逝ける生き物のはずなのに。

目の前を、それは沢山の、いくつもの季節が通り過ぎた。

幾度も幾度も巡り来た雪も、私はとうに見飽きてしまったはず。



なのに、今日の私は、珍しく早くに目が覚めた。

そして、こうして外へ出てきたのである。

見飽きた筈の雪を、見るために。



冬を迎えて鳥さえ鳴かぬ静寂の中で、私はふと、降り積もった雪を手に取った。

氷の冷たさが、指先を冷やす。



ふと、生き物の気配を感じた。

振り向くと、一匹の野兎が、こちらをじっと見ている。



私は意味もなく、その兎に微笑んで見せた。

兎はじっとこちらを見つめたまま。



私の顔から、笑顔が消えた。

手に取った雪を、力を込めて球にする。



私はそれを、兎めがけて投げつけた。

球は外れ、隣の幹にぶつかって弾けた。

兎はなおも、逃げずにこちらを見ている。

まるで、バカにするかのように。



私はもう一つ、雪の球を作った。

それをまた、兎めがけて投げつけた。

球は兎の足下を払い、降り積もった新雪をばさりと跳ね上げた。

兎は驚き、逃げていった。



兎は真っ白な雪原に一組の足跡を残して、林の奥へ消えていく。

私はそれを、じっと見ていた。

しばらくそこで、立ちつくしていた。



ふと横を見ると、小川がある。雪解けの水が、緩やかに下っていく。

私はまた、足下の雪を掬った。そして、また球を作る。

近くにせせらぐ小川、今度は球を、その水面に向けて投げつけた。

雪玉は水面を捉え、水音と共に飛沫が高く舞い上がった。

ほどなく球は水面に浮かび上がり、溶けながら下流へ流れていく。

私はまた球を作り、投げた。また飛沫が舞い、球は流れにのまれていった。

また作り、また投げた。何個も何個も作っては、小川に放った。

その度水飛沫が舞い上がり、球が溶けながら流れていった。



気付けば足の周りの雪は、すっかり無くなってしまった。

雪球を作り続けた指先は冷えすぎて、何の感覚もない。

冷たさも痛みも、何一つ感じない。

かじかんで、真っ赤に腫れていた。



私は笑った。

声を上げて笑った。

誰も居ない林の中に、私の笑い声が消えていく。



そして、涙が零れた。

どうしようもなく、涙が溢れ出て止まらなかった。

消えていく雪を見て。水になっていく雪を見て。

そして走って逃げていった、野兎の足跡を見て。

孤独な私は、涙した。



傍の幹を蹴りつける。

枝葉に乗っていた沢山の雪が粉のように、頭上から降り注いだ。

蹴った私のせいだ。私のせいで落ちた冷たい雪が、私に降りかかる。

私は、また、泣いた。





いくらか経って、私はまた、ふと横を見る。

するとそこには、沢山の笹が生えていた。

雪をかぶりながら、逞しく、朝陽を受けて緑色に輝いている。



私はかじかんだ指で、笹を一枚千切り取った。

上手く動かない冷たい指で苦労しながら、その笹の葉で小さな笹舟を作った。

それを小川に、そっと浮かべる。

舟はゆっくりと、流れに乗って、球と同じように流れていった。



私はもう一枚、笹の葉を千切った。

また苦労しながら、その指でもう一つ、笹舟を作った。

そして今度は雪を少し、舟の上に載せた。

小川にそっと浮かべる。

笹舟に乗って、雪は雪のまま、下流へと流れていく。



私は見えなくなるまで、舟を見つめていた。

流れに逆らうことなく、川の向くままに流れていく笹舟と小さな雪を、私はずっと。

長い旅に出て行く彼らを、私は見つめた。



そして振り返ると、野兎が一匹、私を見ていた。

私はそれをまた、じっと見つめた。兎もこちらを、じっと見ている。



私は、柔らかく雪を握って、球を作った。それを兎に向けて、放った。文字通り、放った。

ふわりと緩やかな放物線を描いて、雪球は兎の横に落ちた。

兎は、逃げていった。



私はニコリと、笑った。





日が高くなり、雪がどんどん溶け始める。小川の流れを、次第に大きくしていく。

あの笹舟の雪も、ほどなく消えていくだろう。

…いや、雪は消えて無くなる訳じゃない。消えたりなんかしない。

形を変えて川を下り、海となって雲となって、そしてまた雪となって私の上に降るだろう。



すべて同じだ。私を一人にしたりなんかしない。

永久という時間の流れの中に、私だけをひとりぼっちにしたりなんか、絶対にしない。



幸せなのか、そうでないのか。それは分からないけれど。

だけど、やっぱり私に笹舟は、要らないみたいだ。

だって、雪は必ず、またいつか雪になるのだから。





指に、感覚が戻り始める。

冷え切っていた指には、何故か温かい感覚がある。

いつもそうだ。かじかんだ指に感覚が戻る時、なぜか一番最初に指に感じる感覚は、温かさだ。

他の感覚は戻ってくる前から、ただ温かさだけ、じわじわと伝わってくる。



私は指を頬に当ててみた。その指はやはり、まだすごく冷たい。

なのに感覚は、熱いほどに温かい。

表面は冷たいその指は、中から熱が湧き出るかのようにぽかぽかと。

とってもとっても、温かくて。



私はまた、笑った。





気が付けば、一匹の野兎がまた、じっとこちらを見ていた。

                               《完》   




 笹舟とか今でも作れる……かな……たぶん作れるけど
(初出:2006年1月8日 プチ東方創想話作品集4)